DTM関連

DAWソフトの選び方・購入方法

こんにちは、今日はDAWソフトの選び方と、その購入方法について書きたいと思います。

といっても「DAW おすすめ」と検索すれば、分かりやすく情報をまとめてあるページはたくさん出てきますので(特にこのページが丁寧で分かりやすいです)、ここでは僕の個人的な見解で、注意すべきポイントや、おすすめのソフトを紹介させてもらいたいと思います。

DAWを選ぶときに考慮に入れたほうが良いこと

WindowsとMAC、両方で使えるか

まずDAWを選ぶにあたって、最初に注意するべきことはWindowsとMac、両方のOSをカヴァーしているかどうかです。

これはどちらでも使うことができるものを選んだほうがいいと思います。

理由は誰かと共同作業をする時に便利だからです。

DTMをはじめたての時は、共同作業など思いもよらないかもしれませんが、スキルが上がっていろいろな人と交流するようになれば自然とそうなる可能性は高くなっていきます。

相手とファイルのやり取りをするときに、互換性の低いソフトを使っていると作業効率はぐっと落ちますし、それでせっかくの共同作業の機会も失ってしまいかねません。

それから両方のOSで使えるもののほうが単純にユーザー数も多いので、なにか困ったときなど、ネット上で解決策を探しやすくなります。そして開発中止などにもなりにくいです。

せっかく高いお金を出して買ったソフトの更新がなくなり、何年後かにはまったく使い物にならなくなってしまったのでは悲しいですよね。

なので、いつも生徒さんにはウィンドウズとMACの両方で使えるソフトの中からお勧めするようにしています。

下記が両方のOSをカヴァーしている主要ソフト一覧です。

  • CUBASE
  • ProTools
  • Studio One
  • Ableton Live
  • Digital Performe

おすすめはCUBASEかStudio One

そして僕はだいたいの場合、CUBASEかStudio Oneをお勧めしています。

なぜかというと、僕も実際に使用しているので細かいところまでフォローできるというのもありますし、この二つのソフトはWAV編集とMIDI編集がどちらもバランスよくやりやすいからです。

作曲をする時はWAVとMIDIの編集のしやすさが重要になってきます。ここが今一つだと、いろいろストレスになってあまり効率がよくありません。

もちろん、作曲ではなくヒップホップ用などのトラック制作、もしくはレコーディング目的という場合にはほかのソフトも選択肢としてあがりますが、僕のところに来る生徒さんの大半は作曲を目的としていますので、どちらかをお勧めしています。

CUBASEかStudio Oneの比較

ではCUBASEとStudio Oneはどう違うのか。

極端に言ってしまえば、動作の軽さと、作曲・編集機能の数です。

この二つのソフトを比較したときの、メリットとデメリットを挙げてみますね。

「CUBASE」

メリット

  • 作曲編集の機能が多い
  • こまかなところまで設定できる
  • ユーザーが多い

デメリット

  • Studio Oneと比べると動作が重い
  • 操作に手間がかかる

「Studio One」

メリット

  • 動作が軽い
  • ユーザビリティが高い(操作性が良い)
  • 価格が比較的安い
  • 画面がわかりやすい
  • ドングルがいらない

デメリット

  • CUBASEと比べると機能が少ない

このような感じです。なので

「PCのスペックもあって、がっつりとMIDI編集などをして曲を作りこみたい」人にはCUBASEを

「あまりPCのスペックが高くない、もしくはそこそこの編集機能があれば十分」という人にはStudio Oneを

勧めています。

実際、初心者の方にはStudio Oneを進めることのほうが多いです。動作が軽いというのはかなり重要ですし、操作性もいい。価格もCUBASEと比べると安いですので、初めてDTMをやる方にはうってつけなのではないかと思っています。

編集機能が少ないといっても、必要な機能はすべてそろっていますしね。

ソフト購入の前にオーディオインターフェースを買ったほうがいい理由

使うソフトが決まったら次は購入しましょう、という流れになるのですが、僕はいつもそのソフトがバンドルされているオーディオインターフェースを買うことを勧めています。

つまりは「この製品を買えばそのソフトの使用権も一緒についてきますよ」というものですね。

DTMをするにあたって、必要なのはこれまでお話ししてきたDAWともう一つオーディオインターフェースというものが必要になります。

オーディオインターフェースとはどういうものなのかについてはこちらのページがよくまとまっていますので、ご覧になってください。

どっちみちオーディオインターフェースを買うなら、使いたいソフトが付属しているもののほうが結果的にお得です。

最初は1~2万代のものの中からオーディオインターフェースを選ぶことになるかと思いますが、正直そのあたりの価格帯のものはどれも似たり寄ったりだからです。とくに並外れて性能が良かったり悪かったりということは、僕の経験上ありませんので安心してください。

なのでCUBASEを希望する方は

Studio Oneを希望される方は

簡易版なので機能はあるていど制限されているのですが、使ってみて制限されている機能をつかいたくなったら、アップグレード版を購入すればよいだけです。

普通に買うよりもそのようにアップグレードしたほうが安く買えます。