初心者向け記事

初心者ははじめにどういうギターを選べばいいか

これはよく聞かれることなんですが、これからギターを始めるという方は価格やメーカーなど、どういうギターを買えばいいのか分からないという場合がほとんどだと思います。

僕も最初はなにもよくわからないまま、手ごろな値段で、見た目が気にいった物を買いました。

これから始めるという方にとってはこの「価格」と「見た目」が一番大事な要素になってくるのではないかと思います。

特に「見た目」を重要視する人は多いです。これはやる気にもつながってくるので大事です。

「このギターかっこ悪いなぁ」

と思いながら練習してもモチベーションは上がりませんからね。

なので一番最初に買うときの優先順位としては

・自分がかっこいいorかわいいと思えるギター

というのを一番にして買えばいいと僕は思います。

ギターを買うときの判断ポイント

しかし、ギターを教える人間としては「できればこういうギターの方がいいですよ」というポイントがいくつかあります。

そのポイントをなるべく守った方が、今後ギターを弾き続けていくにあたって、なるべく遠回りせずにギターの上達ができるからです。

そのポイントというのは

  • フレットが浮いていない
  • フレットの高さがきちんと調整されている
  • ネックがねじれていない
  • ネックの強度が十分である
  • ペグとブリッジがしっかり取り付けられている
  • 弦高が一般的な高さになっている(けっして高すぎない)

です。

これらがきちんとしていないと、場所によって音詰まりを起こしたり、オクターブ調整が狂いやすくなってしまいます。

そのようなギターで練習し続けるとどうなるかというと、変に力をいれてしまう癖がついたり、音感がにぶくなってしまったりします。

特に、力を入れてしまう癖が付いてしまうと、それを矯正していくのはわりに大変なので、気をつけた方がいいと思います。

ネックの状態の見分け方

ではどのようにそのポイントを見分けていくか。

  • 1フレットからはじめて1番高いフレットまで、一つずつ音を鳴らしていく(6つの弦すべてでおこなう)
  • ギターを持ちあげてネックを目の高さまで持っていき、一直線になっているか目視する
  • ペグとブリッジがぐらぐらしていないかさわってみる

これらをおこなえばおおまかにですが、ギターの状態がわかります。

もし1フレットから順番に音を鳴らしていって、どこかで音のなりが悪いところがある場合、それはネックが反っているか、フレットが浮いているか、フレットの高さがきちんと調整されていない可能性が高いです。

一つや二つならまだしも、あまりにも数が多い場合は気をつけましょう。

フレットの浮きは気づきづらいので、薄い紙をさしこむか、もしかしたらお店によってはフレット浮きをチェックするためのものがあるかもしれませんので、借りてフレットの根元にあてていきましょう。

ネックを水平に見て、あきらかに曲がっている場合は店員さんに言って、反りを簡易的にとってもらい、あらためて弾きなおすのが良いと思います。

そして最後にペグとブリッジを触ってぐらついていないか確認します。

以上がチェックのだいたいの内容です。

ギターを買う時、一番いいのはギター歴の長い方に一緒に行ってもらってアドバイスをもらいながら選ぶのが良いと思いますが、まわりにそういう人がいない場合は、とりあえずこれだけやって特に異状がなければひとまずは大丈夫だと思います。

これらの点をすべてクリアしていて、見た目も気にいって、価格も安めというのが最高の初心者用ギターですね。

1~2万円代のものだとさすがに難しいですが、もう少し出せば低価格のものでもそれなりにあるものですよ。